3分で読める
一生を無駄にしない悩み解決辞典 3

ニキビ肌荒れをスキンケアで治す、食事や睡眠、お手入れの方法があります。

あごや口周りなどに出来てしまう大人のニキビ。鏡を見るたびに気になりますし、つい指で触ってしまいがちです。大人になってもニキビができる場合 どうスキンケアをすればよいかを紹介します。

ニキビはストレスや睡眠不足、生活のリズムを崩すことが原因となっています。ここでは主に毎日のスキンケアや生活習慣のポイントについて紹介します。

洗顔では摩擦せず、優しく洗う

余分な皮脂や肌についた汚れを落とすためにも、洗顔は大切です。しかし、皮脂が気になるからと1日に朝晩の2回以上洗顔をしたり、スクラブ剤入りの洗顔料を使ったりと、肌をゴシゴシ摩擦しながら洗うのは控えましょう。

化粧品は清潔な手のひらに広げ、上からやさしくプッシュするようになじませます。このとき、肌をこすったり、ニキビになりやすい肌を刺激したりしないよう注意しましょう。

スキンケアでは保湿を重視

皮脂分泌の盛んな思春期のニキビとは異なり、大人のニキビは乾燥によって、肌のバリア機能が低下することでも起こりやすくなります。洗顔後は、スキンケア化粧品ですみやかに保湿ケアを行いましょう

睡眠不足を解消する

肌は、睡眠中に活発に細胞分裂を行います。ニキビをはじめ、荒れてしまった肌をすこやかに生まれ変わらせるには、十分な睡眠が欠かせません

睡眠で特に大切なのは、眠りに落ちて最初の3時間の間に訪れる「ノンレム睡眠(深い眠り)」です。このときに成長ホルモンが十分に分泌されることで、肌の再生活動が盛んになります。

深くぐっすりと眠るためにも、毎日決まった時間に自然と入眠できるようなライフスタイルを心がけましょう。ベッドに入る1~2時間前に入浴して体温を上げておく、 寝る直前の飲食や、テレビ・スマホなど光を発する機器は使用しない…などの工夫をとり入れましょう。

オススメの処方、治療薬

2つの薬用効果と1つの効能で3大悩み(美白・ニキビ・乾燥小ジワ)にアプローチする、 高保湿×多機能×時短オールインワンジェル

●美白有効成分 トラネキサム酸 配合> →メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防ぎます。
●有効成分 グリチルリチン酸ジカリウム配合 →肌あれ、あれ症、ニキビ・あせも・ひび・あかぎれを防ぎます。
●高保湿・乾燥小ジワ対策成分配合 →お肌に潤いを与え、乾燥による小ジワを目立たなくします。


モイスティシモは、角層を整え、うるおいに満ちた肌に整えます。 クレンジングからクリームまでフルラインで2週間試せるトライアルセット。


悩みの種一覧